ちょっと恋をしに -春を楽しみに日本にやってくるツバメのお話-

///ちょっと恋をしに -春を楽しみに日本にやってくるツバメのお話-

ちょっと恋をしに -春を楽しみに日本にやってくるツバメのお話-

2019-06-18T02:03:05+09:00 2019年6月18日|Categories: ALL 生物|Tags: , , |
アバター

今年も、街のあちらこちらで、ツバメが賑やかに子育てをしています。日本で忙しそうに飛び回っているツバメですが、子育てが終わるとまた、南の島に帰っていきます。今回は、そんな働き者のツバメの話です。

この記事の目次

世界のツバメと日本で見られるツバメ

ツバメ科の鳥は、世界に83種生息しています。その中で、日本で見られる種は、イワツバメ、コシアカツバメ、リュウキュウツバメ、ショウドウツバメ、ツバメの5種です。日本の街中でよく見られる種は、ツバメ Hirundo rustica  であり、アジア、ヨーロッパ、アメリカと世界中に住んでいます。ヨーロッパに生息するツバメは、冬にアフリカに渡り、北アメリカに生息するツバメは、冬に南アメリカに渡ることが知られており、日本で見られるような季節による移動と同様のパターンがみられるようです。

ツバメの分布

ツバメの分布。色の違いは亜種の違いを表す。Figure by MPF, different colors for subsecies Kersti [CC BY-SA 4.0], via Wikimedia Commons

ツバメは、なぜ春に日本にやってくるの?

ツバメは、毎年わざわざ東南アジア地域から日本にやってきて子育てをしています。冬鳥が、寒い季節に、北の地域から、比較的暖かい日本に南下して越冬するのはわかりやすいですが、熱帯地域はいつでも暖かいのだから、わざわざ移動してこなくても、餌となる虫は1年中いそうなものです。ですが、熱帯地域が温帯地域よりも常に虫が多いのかというとそうでもないようです。温帯地域では、冬が終わり、春になるころ、爆発的に虫が出現します。この時期を狙って、ツバメは子育てをしにやって来ているようです。

ツバメ

ツバメ Photo by Takashi Yanagisawa from Pixabay

ツバメのつがい

ツバメ

ツバメ Photo by Alpsdake [CC BY-SA 3.0], via Wikimedia Commons

ツバメは、次の年も同じ巣に帰ってきて子育てをすることが、しばしば観察されます。帰ってきているのは、去年その巣で子育てをした夫婦です。つがいは、別々に南の島へ向かうと考えられていますが、日本に帰ってくると、前年の巣の前で待ち合わせをするようです。多くの場合、オスが数日早く帰ってきてメスを待つようですが、もし、メスが、巣に戻ってきたときにオスの姿が見えないと、オスほども長期間待つこと無く、別のオスを探しに行ってしまうようです。あまり長く待っていても、長距離の旅から無事に帰ってきて再開できることはあまり期待できないのかもしれません。

ちなみに、ツバメの世界にも、モテるオスとモテないオスがいます。しかも、メスの好みには地域差があるようです。ヨーロッパに生息するツバメは、尾羽が長いオスの方がモテます。一方、アメリカや、日本では、そのような好みは見られず、お腹がより赤いオスがモテる傾向にあるようです。

ハジロシロクロツバメのつがい

ハジロシロクロツバメ Photo by Manojiritty [CC BY-SA 4.0], via Wikimedia Commons

オスは、餌となる虫がたくさん取れ、天敵に襲われにくいところを見つけるとその周辺を縄張りとします。縄張りといっても、同じ牛舎の中に複数つがいの巣ができることがあるぐらいなので、それほど広範囲に排他的な行動をするわけではなさそうです。オスは、縄張り周辺の目立つところにとまって独特の鳴き声を出してメスを誘います。無事にメスに気に入ってもらえると、交尾が成立します。交尾は、3-4月に行われます。

 

参考文献:北村 亘 (2015) 『ツバメの謎』 誠文堂新光社

バイオーム 新着情報

\ WHAT'S NEW /

株式会社バイオーム の新着情報はこちら

ストーリー

STORY

失われていく生物多様性

25821種

- 絶滅危惧種 -

  • 株式会社バイオーム BIOME Inc. バイオーム 代表取締役の藤木庄五郎 ボルネオ島調査 男性4名
  • 株式会社バイオーム BIOME Inc. バイオーム 代表取締役の藤木庄五郎 ボルネオ島調査 森の中
  • 株式会社バイオーム BIOME Inc. バイオーム 代表取締役の藤木庄五郎 倒れた木の上

弊社代表の藤木は、大学時代、ボルネオ島(マレーシア、インドネシア)にて2年間以上キャンプ生活をしながら調査を続けてきました。アマゾンと並ぶ生物の宝庫であるこの地は、一方で環境破壊の最前線でもありました。藤木はこの地で、商業用のオイルパーム(アブラヤシ)が360度地平線まで広がる光景を見て、このままでは地球の未来は危ういなと感じました。そこは本来は樹高70mにも達する巨大な熱帯林が広がり、野生動物の天国であるはずの場所でした。

ビジョン

VISION

バイオーム BIOME 株式会社バイオームのメンバー男性5人が森の中で座る

生物多様性の保全が人々の

OUR VISION

利益につながる社会をつくる

Our Team

BIOME
EARTH
PROTECTION
SOCIAL
INNOVATION

バイオームの強み

STRENGTH

バイオーム BIOME 株式会社バイオーム ディスプレイ2台にデータ解析画像

1.DATA ANALYSIS

データ解析

2.DATABASE

データベース
  • バイオーム BIOME 株式会社バイオーム データベース画像 分布
  • バイオーム BIOME 株式会社バイオーム データベース画像 チャート
  • バイオーム BIOME 株式会社バイオーム データベース画像

株式会社バイオーム、マネジメントチームは生物の遠隔測量において日本有数の技術を保持しているほかバイオーム(生物群系)生態学分野において卓越した知識を保有しているなど本事業を遂行できる稀有な体制を築いています。これにより、得られたデータを解析、加工し、付加価値を付けたのちにクライアントに提供できるなど幅広く事業を展開可能です。

サービス

SERVICE

いきものコレクションアプリ バイオーム 白文字

さあ、出かけよう”いきもの”の世界へ

現実世界(リアル)はゲームよりも面白い
出会った“いきもの”を集めて
世界を冒険するコレクションアプリ
“いきもの”に関する全ての知をあなたに

いきものコレクションアプリを使用してる女性のシルエット 歩き蝶々の飛んでるシルエット
いきものコレクションアプリの緑リボンいきものコレクションアプリ"バイオーム"の 使用イメージ 男性一人いきものコレクションアプリ"バイオーム"の 使用イメージ 男性1人と女性3人でシェア
AppStoreでダウンロード
GooglePlayでダウンロード

バイオーム ブログ

BLOG

新着記事

カテゴリー

COMPANY PROFILE

会社概要

所在地

本社 〒600-8813      ACCESS 京都市下京区中堂寺南町134番地ASTEMビル8階

四条堀川オフィス 〒600-8482 京都府京都市下京区綾堀川町296 四条堀川ビル7階

設立

2017年5月31日

資本金

111,500千円(資本準備金含む)

事業内容

生物情報アプリ開発・運営 生物情報可視化システムの提供 環境コンサルティング

取引先

会社概要

所在地

本社 〒600-8813      ACCESS 京都市下京区中堂寺南町134番地ASTEMビル8階

四条堀川オフィス 〒600-8482 京都府京都市下京区綾堀川町296 四条堀川ビル7階

設立

2017年5月31日

資本金

111,500千円(資本準備金を含む)

事業内容

生物情報アプリ開発・運営 生物情報可視化システムの提供 環境コンサルティング

取引先

パートナー

PARTNER

メディア掲載実績

五十音順

株式会社バイオーム では取材、メディア掲載して頂ける方等を 随時募集しております。ご質問、お問い合わせ等は コンタクトページよりお願いいたします。